園長のつぶやき

園長のつぶやき · 2021/06/15
育ての心
雨真っただ中。お散歩準備をしていたらパラパラと雨が降り、「早く止んでください!」と残念そうな表情を見せたり、梅雨空の合間に公園で思い切り体を動かし汗だくで帰園したり…こどもたちは元気に日々を過ごしています。
園長のつぶやき · 2021/05/12
主体的な保育
ゴールデンウィークも終わり、新しい環境にも慣れてきた様子の子どもたち。毎日楽しそうな会話が園内のあちこちで聞こえてきます。 4月のある日、おままごとコーナーにテーブルがあったらもっと楽しくなるねと、そら・たいよう組の子どもたちは担任と一緒にテーブル選び。また別の日は、砂場セットが破損や紛失などで少なくなってきたので、うみ組の子どもたちと担任とで整理して、追加の砂場セットを選び始めました。...
園長のつぶやき · 2021/04/16
ハルジオン
すっかり春の陽気が感じられる今日この頃。近所の桜も葉桜となり、ほんのり桜の香りが感じられるようになりました。近所の道でもたんぽぽやカタバミ・ハルジオンなど春ならではの可憐な花々が咲いています。 この一年間も子どもたちの育ちを見守ってまいります。どうぞ宜しくお願い致します。
園長のつぶやき · 2021/03/22
The sense of Wonder
桜の花が咲き始め、春の訪れを感じる今日この頃。東京(靖国神社)では昨年と並び観測史上最速タイの早さで開花がスタートしたとの事。春夏秋冬季節の巡りに合わせて、つぼみが膨らみ花が咲き、葉が茂り…自然は四季折々の美しさを見せてくれるので、散歩をするとその時々の楽しみを見つけることができます。 季節の移り変わりに思いを馳せているた時、ふとレイチェル・カーソンの「The Sense of Wonder」の一節を思い出しました。
園長のつぶやき · 2021/02/09
幼児期の教育の中心は遊びや日々の生活の中にあります。遊びを通して学んでいる姿をそのまま受け止め、純粋な「探究する喜び」を保障できる場を提供するのが私たち保育士や保育園の担う役割なのだと思います。