方針と取り組み

保育園の名称を「まちの保育園 東池袋」と命名し、運営します

 

ナチュラルスマイルジャパン株式会社が運営する「まちの保育園」の理念に共感する提携園(アライアンス園)として、「まちの保育園 東池袋」が平成29年4月1日に開園しました。

 

私達は、保育園が子どもの教育・生活の場であり、子どもと大人がつながり合う出会いと、様々な経験の共有を通して大きく育っていくものと考えています。「まちの保育園」が大切にしている子どもを中心として保育園・保護者・地域がつながり合う「まちぐるみの保育」の考え方を基本に連携し、運営してまいります。

 

豊島区内及び、その周辺の地域も様々な地域資源にあふれています。これから一層多様化する社会を経験する子どもたちに、安心できる雰囲気の中で信頼関係を育みながら、多様性に富む有意義な出会いを持ってほしいと考えています。

げんきな子・やさしい子・がんばる子の育成を通して地域社会に貢献することを目指します

私たちは、お預かりしている子ども達が大きくなった時に、自分の力を発揮して社会貢献できる人であってほしいと思います。その為に、この乳幼児期に3つの力を育みます。

 

「げんきな子」 元気な挨拶が出来る力

「やさしい子」 困っている仲間に優しく出来る力

「がんばる子」 大変なことも自分の力で乗り越えていける力

 

この3つの力は、子ども達が日々の生活の中で、自分で考え、自分で判断したり、決めたりして、自分で行動する、という経験を積み重ねながら獲得していきます。一人ひとりが自信を深め、自立に向かって伸びていく、それがやがて、真のリーダーシップや共存共栄を実現する未来の大きな力になると信じています。

私たちが目指す園づくり

まちの保育園東池袋では、入園された子ども達とその保護者の方々に対する子育て支援だけでなく、地域の子ども達や保護者の方々に対する子育て支援や、地域に開かれた保育園づくりに取り組んでいきます。

 

園が地域の拠点となり、子育てに関する情報の提供、相談、支援などの窓口的な機能の他に、子育ての知識と知恵の習得や提供、子どもからお年寄りまでの世代間交流を基本として推進してまいります。